HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson
HYOURI|Reversible Blouson

HYOURI|Reversible Blouson

販売価格 価格 ¥24,000 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Reversible Blouson|HYOURI

表と裏。

どちらが表で、どちらが裏、というわけでもありません。

「表裏一体」そんなブルゾンなので「Reversible Blouson|HYOURI」と名付けました。

■主な特徴
・ひっくり返して温度調整が自由自在。
・タフタ面は4wayストレッチで動きやすく、しっかりと水を弾く撥水機能もあるのでアウターとしても。
・ボア面は光を熱に変換する光吸収保温素材を使用。
・ミドルレイヤーとしても、アウターとして。
・大手アウトドアブランドの製造も請負う技術力の高い日本の縫製会社で縫製。

【商品番号】
BW0015MA
【カラー】
・ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア)
・ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)
・ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)
【サイズ】
M,L,XL
サイズ表01サイズ表02

【素材】
■タフタ側(4wayストレッチ・撥水素材):
ポリエステル50%, 複合繊維(ポリエステル)50%
■ボア側(光吸収保温素材):
ポリエステル85%, アクリル15%
【生産国】
日本
【洗濯について】
・色落ちしにくい素材を仕様しておりますが、(特に最初は)他の製品に移染の恐れもございますので、単独での洗濯をオススメいたします。
・洗濯ネットを使用してください。
【その他】
素材の特性上、着用中に擦れたり、揉まれたりすると、ピリング(毛玉)が発生する恐れがあります。

【撮影モデル】
名前:Zaral
身長:175cm
体重:65kg
着用サイズ:Mサイズ

※同じ身長・体重であっても「骨格の違い」「筋肉や脂肪のつき方」「フィット感の好み」などに個人差がございますため、あくまで参考程度にしていただき、お手持ちのアイテムの各部位のサイズと、画像にて案内しております商品の各部位のサイズを比較いただきますことをオススメしております。
※商品の色は「モニターの設定や再現性」「撮影時の光源」「実際の商品を見る際の光源」などが原因で、実際の商品の色と異なって見える場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。
※製造誤差及び測定誤差により、記載のサイズや重さと誤差が生じる場合がございますが、製造の都合上避ける事ができません。


ひっくり返して温度調整

 ひっくり返して温度調整ができます。※ブラック×ホワイト着用
ひっくり返して温度調整ができます。※ブラック×ホワイト着用

「Reversible Blouson|HYOURI」は片面が「タフタ素材(平織生地)」、もう一方の面は「ボアフリース素材」を使用しています。

「タフタ」を外にした場合と「ボア」を外にした場合を使い分けることで、温度調整することが可能です。

「タフタ」を外にして着ると、「タフタ」が風を遮り、中の「ボア」で空気の層を作ることで、暖かく過ごすことができます。※ブラック×ホワイトで「タフタ面(ブラック)」を外にして着用
「タフタ」を外にして着ると、「タフタ」が風を遮り、中の「ボア」で空気の層を作ることで、暖かく過ごすことができます。※ブラック×ホワイト着用
 


「タフタ」を外にして着ていて暑くなった場合には、「ボア」を外にして着ることで、少し体感温度を下げて過ごせます。※ブラック×ホワイトで「ボア面(ホワイト)」を外にして着用
「タフタ」を外にして着ていて暑くなった場合には、「ボア」を外にして着ることで、少し体感温度を下げて過ごせます。※ブラック×ホワイト着用


しっかりと水を弾く4wayストレッチタフタ

※ブラック×ホワイトで「タフタ面(ブラック)」を外にして着用
※ブラック×ホワイト着用


タフタ面は、「4wayアクティブストレッチ」でどの方向にも伸びて、動きを妨げません。縦にも横にも斜めにも伸びて、軽量で蒸れにくい構造があらゆるシーンで快適性を保持。

撥水加工も施されています。

また、撥水加工も施されており、「朝露」「水はね」「泥はね」など、釣りなどのアウトドアにおいて想定される水濡れに対しても問題なく使用いただけます。


また、撥水加工だけでなく、防汚・撥油効果も。アウトドアでの汚れを防ぐだけでなく、うっかり食べこぼしても汚れにくいので安心です。



《撥水と防水の違い》
水を弾くのが「撥水」、(圧力をかけても)水を通さないのが「防水」です。


タフタ面を外にして着た場合

※ブラック×ホワイトで「タフタ面(ブラック)」を外にして着用
※ブラック×ホワイト着用


タフタは比較的風を通しにくく、内側のボアで空気の層ができるため、内側の空気が体温で温められて暖かくなります。また、外からの風で体温を奪うのを防ぐので、フリースの上に、ウィンドブレーカーを着るのと似たような効果があります。

※タフタ面は一般的なウィンドブレーカー・レインジャケットほどの防風性はありません。あくまで近い効果(似た効果)となります。

また、撥水加工が施されていますので、「朝露」「水はね」「泥はね」など、釣りなどのアウトドアにおいて想定される水濡れに対しても問題なく使用いただけます。

「ベースレイヤー」の上に「HYOURI」だけを着て、できるだけ暖かくしたい場合には、タフタ面を外にする事で暖かくなります。
特に風の強い時などには、こちらの使い方がオススメです。



ボア面は光を熱エネルギーに変換する光吸収保温素材


ボア面は、光を熱エネルギーに変換する光吸収保温素材を使用。

太陽の光をしっかり熱に変換し、暖かさを保ちます。

第三者機関の「光吸収保温性試験」にて、レフランプ(擬似太陽光)10分間照射後に実測値で5.7℃、消灯1分後でも実測値で4.3℃の温度差を記録し、「光吸収保温性がある」と評価された素材を使用しています。

光吸収保温試験

※ボア面には、撥水・防汚・撥油効果はございません。


ボア面を外にして着た場合

※ブラック×ホワイトで「ボア面(ホワイト)」を外にして着用
※ブラック×ホワイト着用


「ベースレイヤー」と「タフタ」の間には、(ボアが内側にある場合に比べ)空気の層ができにくくなり、またボアはほとんど風を遮らないため、タフタ面を外にして着た場合によりも保温効果を下げることができます。

イメージとしては、「ベースレイヤー」の上に「フリースジャケット」だけを着た時に似たイメージです。

※実際にはタフタが存在しますので、フリースジャケットだけとは異なり、あくまで似た効果となります。

※「ブラック×ブラック」で「ボア面(ブラック)」を外にして着用
※「ブラック×ブラック」着用(ボア面外)

しかし、太陽の光がある場合には、光吸収保温素材を使用しているので、太陽の光をしっかり熱に変換し、暖かさもある程度保ちます。

「風が弱くて太陽の光がしっかりあたって暖かい時」「動いていてタフタ面を外にして着た時よりも熱が籠もらないようにしたい時」など、ボア面を外にして着ることで、タフタ面を外にして着た時よりも熱が籠りにくくなります。


さらに暖かくしたい場合にはアウターレイヤーを重ね着してください

さらに暖かくしたい場合には、「HYOURI」を「ミドルレイヤー」として使い、「アウターレイヤー」を重ねることで、さらに暖かくすることも可能です。

ミドルレイヤーに「ベージュ×ホワイト」を使ったイメージ
ミドルレイヤーに「ベージュ×ホワイト」を使ったイメージ

カーディガンのような形状は、アウターとしては欠点となりますが、「ミドルレイヤー」としては襟の部分が重ならずゴワゴワしないため、重ね着がしやすくメリットにもなり得ます。

また、タフタ面を上にしてきた場合で、上着を着た場合には、見える面積が少なくなり、カジュアル感がグッと抑えられます。

ミドルレイヤーに「ブラック×ホワイト」を使って、キレイめなイメージにコーディネート。
ミドルレイヤーに「ブラック×ホワイト」を使って、キレイめなイメージにコーディネート。

「HYOURI」は「ミドルレイヤー」としても、使用することも可能なので、コーディネート の幅が広がります。


ひっくり返してコーディネートも2倍以上!タウンユースにも。

リバーシブルで着ることができるので、当然コーディネートの幅も2倍。

アウトドアアクティビティの時だけでなく、タウンユースでも着用可能なデザインなので、街でもしっかりと馴染みます。

しかも、「素材の質感」が大きく違うので、ひっくり返して着ることでイメージをガラッと変えることが可能です。

さらに、上に「アウター」を着ることもできるので、コーディネートの幅は2倍以上!

※「ベージュ×ホワイト」で「タフタ面(ベージュ)」を外にして着用
※「ベージュ×ホワイト」着用

※「ベージュ×ホワイト」で「ボア面(ホワイト)」を外にして着用
※「ベージュ×ホワイト」着用


※ブラック×ホワイトで「タフタ面(ブラック)」を外にして着用
※ブラック×ホワイト着用

※ブラック×ホワイトで「ボア面(ホワイト)」を外にして着用
※ブラック×ホワイト着用


※「ブラック×ブラック」着用

「ブラック×ブラック」も素材の質感が違うので、どちらの面を外に出すかで印象がかなり変わります。※「ブラック×ブラック」で「ボア面(ブラック)」を外にして着用
※ブラック×ブラック着用(ボア面外)


とにかく軽い!

これだけのボリュームで、わずか約600g!

軽くて暖かい素材を選ぶことで、軽い着心地を実現させました。

ベージュ×ホワイトのMサイズは594.7g。※製造誤差・測定誤差などにより、実際の重量との誤差は発生いたします。
ベージュ×ホワイトのMサイズは594.7g。


こだわりのMade in Japan

今回縫製をしてくださいる会社は、大手アウトドアブランドの製造も請負う技術力の高い日本の縫製会社です。

品質もご安心ください。


さらなる改良

モデル撮影時のサンプルでは、縁取りのテープとタフタ(黒)の色味の違いが気になりました。そのため、量産時には色味の差が少ないテープに変更しました。

※下記の部分縫いサンプル画像以外は、全て改良前の画像となります。実際の商品はは、色味の差が少なくなっています。

※向かって左側(右襟部分)に部分縫いサンプルを重ねて比較しました。色味の差が少ないことがわかっていただけると思います。
※向かって左側(右襟部分)に部分縫いサンプルを重ねて比較。


カラーバリエーションは3種類

カラーバリエーションは「ブラック×ホワイト」「ブラック×ブラック」「ベージュ×ホワイト」の3種類。

■ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア

ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア)

タフタ面のボタンはシルバー系。胸元の刺繍は「ブラック×ブラック」のタフタ面の刺繍と色が違います。
タフタ面のボタンはシルバー系。胸元の刺繍は「ブラック×ブラック」のタフタ面の刺繍と色が違います。

ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア)

ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア)

ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア)

ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア)

ボア面のボタンはブロンズ系。ボタンも胸元の刺繍も「ベージュ×ホワイト」のボア面と同じです。
ボア面のボタンはブロンズ系。ボタンも胸元の刺繍は「ベージュ×ホワイト」のボア面と同じです。

ブラック×ホワイト(黒タフタ×白ボア)

■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)
■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)


■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)
タフタ面のボタンはシルバー系。胸元の刺繍は「ブラック×ホワイト」のタフタ面の刺繍と色が違います。
■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)

■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)

■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)

■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)
ボア面のボタンもシルバー系。胸元の刺繍のロゴ部分は「ブラック×ホワイト」のタフタ面の刺繍と同じ色です。

■ブラック×ブラック(黒タフタ×黒ボア)

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)
■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)
タフタ面のボタンはブロンズ系。胸元の刺繍は、同色系でさりげなく。

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)
ボア面のボタンもブロンズ系。胸元の刺繍は「ブラック×ホワイト」のボア面と同じ。

■ベージュ×ホワイト(ベージュタフタ×白ボア)